さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2017/05/02

注目のコワーキングスペース

2017-05-02

いろいろな働き方を受け入れ、社外での仕事を認める企業が増えているなか、「コワーキングスペース」が注目されている。
知らない人とオフィスをシェアする場所で、開放的な事務スペースを中心に、会議室やキッチンなどを備えているケースもある。

■レンタル、シェアとの違い
「コワーキングスペース」は、知らない人との交流を前提に、新しいアイデア、足りない知識と技術を期待する場所。

レンタルオフィスやシェアオフィス、電源やネットを使えるカフェとは、どう違うのか。
一般的にレンタルオフィスは個室、シェアオフィスは仕切りがあり、それぞれ専有できる。
コワーキングスペースは、基本、ひとりの専用スペースがない。
これが一番の違い。
コワーキングスペースとカフェの最大の違いは、滞在時間を気にせず利用できること。
「コワーキングスペース」の利用方法や料金は?
月額会員になって定額利用する方法と、『ドロップイン』と呼ばれる、その都度利用する方法がある。
月額料金の相場は2万~数万円で、審査などの手続きが必要。
ドロップインは1日2000~3000円程度、身分証明書の提示が必要。
職場以外の交流を広げたい人、職場や家庭の事情などで働き方を模索している人、起業や副業でビジネスを始めようとする方にとって、お薦め。
社員が、異なる価値観を持つ方と接することで刺激を受けたり、イノベーションが起きることを期待して、「ヤフー」は自社オフィス内に、中学生以上であれば誰でも自由に使えるコワーキングスペースを昨年11月にオープン。
利用希望者は、見学などでチェックして、「自分の仕事や価値観とマッチするスペース」を選ぶとよいでしょう。
以上
 

北海道札幌市北区北6条西6丁目2-24第2山崎ビル
TEL. 011-747-1349
FAX. 011-709-0317

レンタルオフィス運営会社
株式会社 マルコウ
代表取締役 山崎晃裕