さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2019/05/10

2019年4月 札幌オフィスビルの空室状況

札幌のオフィスビルの4月時点の平均空室率は2.28%、前月から0.19%下がりました。
4月は新築ビル1棟「南大通ビルN1(延床面積2,836坪)」が高稼働で竣工したほか、竣工1年未満の新築ビルや既存ビルにも拡張移転や分室の開設、新規進出などに伴う大型成約が見られました。
解約が小規模に止まったこともあり、札幌のオフィスビルの空室面積はこの1カ月間で約9百坪減少しました。
4月時点の平均賃料は8,953円、前月から69円上がりました。これは、2004年8月以来の8千9百円台となりました。
4月時点の地区別の平均空室率は次のとおりです。
駅前通・大通公園地区は1.73%、前月から0.13%上がりました。
自社ビルや新築ビルへの移転に伴う解約の影響があったため、同空室率が上昇しました。
駅前東西地区は2.05%、前月から0.46%下がりました。
新築ビル1棟が高稼働で竣工しました。その他のビルにもコールセンターの分室開設や他地区からの拡張移転などに伴う大型成約があり、同空室率が低下しました。
南1条以南地区は3.89%、前月から0.29ポイント下げました。
館内増床など小規模な成約が見られ、同空室率が低下しました。
創成川東・西11丁目近辺地区は3.01%、前月から0.31%下がりました。
地区内での拡張移転などの成約が見られたため、同空室率が低下しました。
北口地区は1.25%、前月から0.01%下がりました。
成約・解約ともに大きな動きがなく、同空室率は前月比ほぼ横ばいで推移しました。
 
オフィス開業を考える方にとって、物件探しがさらに難しい時期が続いております。そのような時にはレンタルオフィスも視野に入れてください。
以上
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
レンタルオフィスならば、【株式会社マルコウ】
さっぽろRオフィスは、札幌の主要ビジネス地区を結ぶレンタルオフィスです。
 札幌駅前オフィス 札幌市北区北6条西6丁目第2山崎ビル7階
 大通東オフィス  札幌市中央区南1条東2丁目ノーザンヒルズ大通東9階
 大通西オフィス  札幌市中央区南1条西13丁目岩渕ビル2階