さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2015/07/02

路線価

2015-07-02

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2015年分の路線価(1月1日時点)を公表した。
 全国約33万地点の標準宅地の平均変動率は前年比0・4%減となり、7年連続で下落した。
 都道府県別では東京、愛知、大阪が2年連続でそろって上昇したほか、観光需要に支えられた京都や沖縄も上昇に転じるなど、10都府県で上昇した。
 低金利や円安などで日本の不動産が海外投資家にとって割安に感じることから、国内外の投資マネーが地価を押し上げているようである。
 また、20年の東京五輪、27年開業予定のリニア中央新幹線(東京・品川−名古屋)、復興事業の本格化などによる地価上昇の期待もある。 
 
 北海道は平均で前年より1・1%下落し、7年連続の下落となった。

 道内の最高路線価は、10年連続でJR札幌駅南口の札幌ステラプレイス前(中央区北5西3)。札幌の代表的な商業集積地として依然高い集客力を維持しており、価格は1平方メートル当たり279万円と、前年比4・9%上昇した。

 外国人観光客が堅調に推移し、不動産売買が活発化している後志管内倶知安町山田の道道ニセコ高原比羅夫線通りは、同28・0%上昇し、道内で最も高い上昇率となった。

以上

 

北海道札幌市北区北6条西6丁目2-24第2山崎ビル
TEL. 011-747-1349
FAX. 011-709-0317

レンタルオフィス運営会社
株式会社 マルコウ
代表取締役 山崎晃裕