さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2020/05/21

《1996年の名作》

こんにちは。
 
私のつぶやきのほとんどはランニングのことばかりなのでたまには別の話題に
したいと思います。
今、趣味は何かと問われたら迷わずランニングと回答しますが、実はゲームも
趣味の一つです。
ただ、現在はランニング中心の生活をしているためほとんど遊んでいなく本当に
時間が空いている時にやる程度です。
学生の時は一日に何時間も遊ぶハードゲーマー(だと自分は勝手に思っていました)
で、一度電源を付けると電池切れになるまで遊ぶ日々でした。
特に好きなジャンルがRPGで、ドラゴンクエストやポケットモンスターなど王道ですが
大好きな作品でシリーズはほとんど遊んでいます。
 
 
私の友人もゲームが好きな人が多く、未だにゲームをしている人がほとんどなので
新作を買う前にまず友人に感想を聞いてから買うようにしています。
しかし私は本当にその作品を今遊びたいと思った時にしか買う決断をしないため
買う時期が友人とずれてしまい私が遊び始める頃には友人は既に飽きている、なんて
ことが最近ではよくあります(笑)
なので社会人になってからは発売日当日に買う!と言うことがほとんど無くなってしまい
ました…。
 
 
前述している通り、学生の時は相当ゲームをしていたので自分がやり込んだな~と思う作品を
紹介していきたいと思います!
まず一本目ということでタイトルの通りですが、1996年に発売された大人気作品です。
1996年は私がまだ2歳の話で、作品自体を遊んだのは恐らく5歳か6歳頃だと記憶しています。
誰もが聞いたことがあるであろう『ポケットモンスター 赤・緑』です。
昔からRPGが好きで、好きなモンスターを自分で捕まえ育てるという、まさに自分に合った
作品でした。
ポケモンシリーズはほとんど遊んでいますが毎回悩むのが初めの3匹を何にするかです。
基本的に見た目で決める私は当時フシギダネを選びました。
(フシギダネを選択すると序盤は非常に楽に進めることができるんですよね)
ここでヒトカゲを選んでしまうと逆にかなり苦戦してしまうのも今となっては良い思い出です。
この赤・緑から数年後に発売された青そして黄(いわゆるピカチュウバージョン)も全て遊びましたが
昔はサクサク進めるタイプだったのであとあとこちらのレベルが低く苦戦したことが何度もありました。
今はかなり慎重に進めるタイプになったためクリアまでに物凄い時間を掛けるようになりました(笑)
 
 
と言うことで、本来ならもう少し遊んだ時の思い出などを書きたかったのですが
文章が膨大になってしまうのでここで終わりとさせていただきます。
次回以降も私が遊んだ中で面白いと感じた作品(王道なものや隠れた名作?)などを
ご紹介していきたいと思います。
因みにほとんど任天堂の作品になるかと思います!乞うご期待。
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★