さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2020/01/28

《大阪国際女子マラソン》

こんにちは。
 
先日(1月26日)に大阪国際女子マラソンが開催されました。
このマラソンは女子オリンピック代表の最後の1枠を決める大会の1つです。
昨年9月に東京都にて行われたMGCでは前田穂南選手、鈴木亜由子選手が内定し
3位だった小原怜選手が仮内定状態。
仮内定と言うのは陸連が定めた記録2時間22分22秒を突破する選手が出た場合
その選手が改めて仮内定状態になると言うものです。
ただ、上記記録の突破はさいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンの
3大会のみで突破した場合が対象となります。
 
さいたま国際マラソンに関しては昨年12月に開催されましたが、記録を突破する選手は出ませんでした。
私もHPで実際どんなコースになっているのかを見てみましたが中々高低差のあるコースで簡単に好記録を
狙うには難しいと言う印象でした。実際出場経験が無いので分かりませんが。
高低差と言えばオホーツク網走マラソンのフルマラソンのコースも中々凄いです。
今までに2回出場していますがスタートしてから5㎞を過ぎた辺りの急激な坂には精神的にやられます。
上り終えてからもアップダウンが続くので完走でさえ相当厳しいと感じることができるコースでした。
毎年9月下旬に開催されておりますのでストイックな方は是非参加してみてはいかがでしょうか。
余談になりますが私も久々に今年エントリー予定でございます。3時間は切りたい所です。
 
さて、本題に入りますが今回の大阪国際女子マラソン、MGCに出場した選手が3名もおり
レース開始前から勝手にテンションが上がっておりました(笑)
松田瑞生選手、小原怜選手、福士加代子選手の3名で記録もそうですが、誰がどんな走りを
するのかも楽しみの1つでした。
レース開始直後から3名全員がトップ集団へ。
ペースメーカーの1人に新谷仁美選手がいたのは個人的にかなり衝撃的でした。
そんなペースメーカーの前に出る勢いで序盤から走り続けていたのが松田選手。
初めから3分20秒いくかいかないかくらいのペースで走っており、このまま終盤にかけ失速しないか
ひやひやしていましたが、ハーフ通過時点で約1時間10分。早過ぎる。
このままペースを落とさずにいくと2時間20分台が狙えるので陸連設定記録を大幅に超えることが可能。
 
中盤に入る手前くらいの所で小原選手が失速、福士選手に関しては25㎞を過ぎた段階で途中棄権。
そんな中、松田選手は変わらずのトップで気付けば海外選手との一騎打ち状態。
私の感覚ですが、海外選手は30㎞くらいまでは先頭にびったりと付き、残り5~10㎞になった段階で
一気に突き放すような走りがイメージとしてあったので今回もそうなることを予想していました。
そうして30㎞を過ぎ飛び出したのは松田選手!残り12㎞もある中でラストスパートをかけました!
そのままゴールまで松田選手が首位に立ち、結果は2時間21分47秒で2位に約1分差をつけての優勝。
MGC並みに興奮するレースをテレビ越しではありますが目にすることができ満足でした。
2時間22分22秒を上回り、小原選手から松田選手がオリンピック代表の仮内定へ。
 
女子マラソンは残すレースは3月開催の名古屋ウィメンズマラソンのみ。
次回は2時間21分47秒を上回るタイムでないといけない中、それを突破する選手が果たして
出るのか…と言うことで3月が非常に待ち遠しいです。
それに私が出場する予定だった東京マラソンも名古屋ウィメンズマラソンの1週間前に開催されるので
そちらも目が離せません!
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★