さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2018/07/11

貸会議室運営大手TKPの取り組み

2018-07-11

TKPは上場後も順調に業績を伸ばしている。
人手不足を背景に企業が採用活動や社員研修を積極化していることが追い風となっている。
設立当初は、景気が悪く10~20年の長期契約で割安な価格で物件を借りて、企業に転貸することで利ザヤを得てきた。
景気が良い時は都心などの新築ビルを2年程度の短期で借りて、付随サービスの充実で価値をつける。
場所を提供するだけでなく、映像・音響設備の貸出や食事の手配などである。
また、新たな試みとして、大塚家具との協業を思案している。
現在、ネット通販が拡大する中、実店舗を持つ企業は苦戦している。
大塚家具の店舗は平日の来客者が少ないが、TKPは平日の稼働率が高い。
会議室・イベント会場として利用することが、大塚家具への来店となるシャワー効果。
休憩スペースに大塚家具のソファを配置して顧客に試してもらう。
18年11月には、札幌市の丸井今井札幌本店の南館5~7階にTKPが貸会議室として運営を始める。
大塚家具との協業を深化させて、事業再生の新たなモデルを目指している。
以上
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
レンタルオフィスならば、【株式会社マルコウ】
さっぽろRオフィス
 札幌駅前オフィス 札幌市北区北6条西6丁目第2山崎ビル7階
 大通東オフィス  札幌市中央区南1条東2丁目ノーザンヒルズ大通東9階