さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2015/05/01

今の営業マンは

2015-05-01

今の営業マンは「論理的」だと思います。
彼らは、お歳暮などの贈答品による根回しや会社から潤沢な交際費を預かっているわけでもない。
会社の商品力を論理的に顧客に説明し、メリットとデメリットを並べ、顧客に選択肢をせまる。
経費削減や売上アップに繋がる様々な提案をする。
これによって売上を上げていく。
このような姿が「平成の営業マン」だと思います。
しかし、メリットもデメリットも分かった。
確かにお金を出す価値はあるかもしれない。
だけど、何か一押し足りない気もします。
何となく「◯◯さんから買わなくてもいい」と思ってしまう。
もちろん、その商品の窓口がその営業マン以外にないなら、話は別ですが。
コーヒーブレイクのような会話は皆無で、淡々とビジネスの話だけをする。
これなら、そのうちロボットでも出来ると思います。
または、ウェブ、資料送付や説明会などで多くの顧客に一斉に、半自動的に伝えるだけでも売れそうです。
この営業マンとは酒を酌み交わすこともなく、プライベートの話で盛り上がることも少ない。
が、それでもいいものは売れます。
 
では、これからも必要な営業マンとはどんな人でしょう。
自分を売り込むことができて、なおかつ冷静に商品のメリットとデメリットを顧客と共有できる、そんな営業マンが必要だと思います。
「自分」+「商品」。どちらもバランスよく売る。
じゃないと、売れない時代だと思います。
以上
 

北海道札幌市北区北6条西6丁目2-24第2山崎ビル
TEL. 011-747-1349
FAX. 011-709-0317

レンタルオフィス運営会社
株式会社 マルコウ
代表取締役 山崎晃裕