さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2016/03/29

北海道の鉄道の将来

2016-03-29

JR北海道は、2016年度の事業計画で過去最悪の経常赤字175億円を見込む。
北海道新幹線開業効果などで前年比97億円の増収、修繕等の安全対策・開業経費などで前年比80億円の支出増、借入無しでは資金ショートすると予想した。
JR北海道は、収支改善策として赤字路線の廃止、特急廃止、赤字幅の大きい路線の運営負担協力依頼などを提案している。
そして、このまま財務状況が悪化すると、北海道の鉄道網は、札幌圏など一部路線だけとなる可能性は高い。
また、札幌駅における北海道新幹線ホームは、まだ決定していない。
多額の経費をかけて、在来線ホーム併設や高層化するより、西・東どちらかに設置して、札幌駅自体の拡大をした方が、道内人口が流入する札幌市にとって得策に思える。
 
以上
 

北海道札幌市北区北6条西6丁目2-24第2山崎ビル
TEL. 011-747-1349
FAX. 011-709-0317

レンタルオフィス運営会社
株式会社 マルコウ
代表取締役 山崎晃裕