さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2016/06/23

第2創業に向けて

2016-06-23

最近は、災害が頻繁に起こるようになったと感じます。
経済面でも安心できない状況が広がってきたと感じます。
大きい話ではソフトバンクの孫社長が、250億の高額報酬で獲得したアローラ副社長を退任させ、社長の続投となりました。
台湾企業に身売りしたシャープは、日本で育てた技術を海外流出させ、世界で7000人規模の人員を削減します。
身近な企業では、JR北海道のグループ会社である北海道リネン・サプライを白洋舎に全株式を売却する。
北前そば髙田屋、暖中を運営していたタスコシステムは、破産手続きが決定された。
民泊やウーバーといった規制の見直し。
アベノミクスの是非を問う参議院選挙も22日に公示されました。
日本は今後10年で高齢化によって、人口が1割減ります。
そして、その影響で企業は3割減ると言われています。
AI技術開発も進み、ロボット導入も遠い未来ではなくなりました。
企業が生き残るためには、「独自性」「自社の強み」を持ち、社会に絶対必要な存在になる事。
それには、地域密着であったり、企業規模の拡大が必要です。
このように一見、厳しい社会になると思われますが、「ピンチ」の隣には必ず「チャンス」があります。
これは、数々の経営者が口をそろえて言います。
ただし、「チャンス」を掴むには、危機感を持って、四六時中を考えていないと出来ません。
ましてや「チャンス」にも気づきません。

当社も事業の拡大に向けて、準備が整ってきました。

これから2~3年が勝負の時です。
以上
 

北海道札幌市北区北6条西6丁目2-24第2山崎ビル
TEL. 011-747-1349
FAX. 011-709-0317

レンタルオフィス運営会社
株式会社 マルコウ
代表取締役 山崎晃裕