さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2021/04/09

札幌の主要オフィスビルの平均空室率が6カ月ぶりに低下

令和3年3月時点における札幌の主要オフィスビル平均空室率は2.72%となり、0.04%下がりました。
オフィス拡張移転や中小規模の館内増床、新規オフィス開設が、オフィス解約の動きを若干上回り、オフィス空室面積が小幅に減少しました。
なお、3月時点の平均賃料は7円下がり9,527円となりました。

地区別のオフィス平均空室率は以下のとおりです。

駅前通・大通公園地区は2.95%でした。
オフィスの空室面積は前月より0.07%下がっています。

駅前東西地区は2.18%でした。
オフィス空室面積は前月より0.08%下がっています。

南1条以南地区は2.40%でした。
空オフィス面積は前月より0.25%下がっています。

創成川東・西11丁目地区は4.30%でした。
ここは札幌の主要オフィスエリアの中で最も空室率が高い地区で、前月より0.06%上がりました。

北口地区は1.94%でした。
ここはオフィス地区としては物件数の少ないエリアで、前月より0.17%上がりました。

以上