さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2021/05/19

《靴の寿命》

こんにちは。

営業担当の新岡でございます。

 

以前、私が愛用しているランニングシューズの紹介を行いました。

ランニングシューズに限らず、何か物を愛用しているとそれをずっと使い続けたいと言う気持ちが湧いてきます。

しかし物の殆どは残念なことに経年劣化を起こすため、一生使い続けると言うことは難しいのが現状です。

ランニングシューズに関してはもちろん使ってなんぼの物なのですが、当たり前のことながら使えば使う程に劣化が進みやがて使えなくなります(使えなくなると言うより怪我をしやすくなると言った方が適切かも知れません)。

では、どれくらい使用したところでいわゆる「寿命」が来るのかと言う疑問が出てきます。

調べるとランニングシューズはおおよそ500㎞走れば替え時だそうです。

となると私の場合だと本来1ヶ月半で買い替えなくてはいけないものを半年以上使うと言った結果に至ります。

 

 

私がよく怪我をする理由は靴の酷使が一因としてあることが明らかになりました。

ただ、あくまでも500㎞は目安でしかなく、律儀に500㎞おきに買い替えていると出費もかさんでしまうため、正直そこはあまり重視していません。

ではいつ買い替えるのかとなると、ソールが擦り減って来たなと感じた頃に新しい物を購入しています。

そもそも、どこで走っているのかと言うところで靴へのダメージは変わるでしょうから例えば陸上競技場(タータン)でしか走らないのであれば1000㎞は余裕で使えるのではないかと思ったりもします(個人的見解です)。

逆にアスファルトでばかり走っているようであれば擦り減りもその分早まるでしょうし、何よりも足への負担が大きいため、できることならば毎日でもつどーむや市内の競技場で走りたいと言うのが正直な感想です。

 

 

新型コロナウイルスも収束の見通しが全くつかない状況であり、それに伴い道内のレースも中々開催されることのない状態ではありますが、レースが無いからと言って走るのをやめるのではなく、純粋に体力向上の意味でも走ることは継続したいと思います。

 

以上。
 
——————札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ——————
株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。
レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。
2020.05.18 中央区南2条西8丁目 さっぽろRオフィス大通New Open!
————————————————————————————————