さっぽろRオフィス

スタッフブログ

2021/06/21

《厚底に慣れ過ぎた結果》

こんにちは。

営業担当の新岡でございます。

 

ランニング界では殆どの方が知っているであろうNikeの厚底シューズ。

私も北海道マラソン2018の辺りからようやく購入し履き始めました。

厚底=疲労が蓄積しにくいと感じて以来、今までずっとNikeの厚底シューズでランニングをしています。

と言うことを以前のスタッフブログでも記載したような記憶がありますが、では厚底ではなく以前履いていたようないわゆる非厚底シューズを履いて練習するとどうなるかと気になったため、人生初のニューバランスのランニングシューズを購入しました。

正直、非厚底かどうかと言われるとそんなこともないような感じの物を購入してしまいましたが現在愛用しているNikeのズームフライと比較すると薄いのかなと感じる程度です。

 

 

試しに十数㎞程ジョギングを行ってみましたが、案の定翌日は脹脛が筋肉痛で辛かったです。

やはり厚底だと非厚底に比べクッション性があるが故に自身の筋力をあまり使わずに済むのかなと言う個人的な捉え方ですが、実際は私の練習不足が原因ですぐに筋肉痛になってしまっただけかも知れません。

そんなこともあり、このランニングシューズを履くのは本当にたまにで、どうしても厚底シューズに頼ってしまいがちな部分は今後無くなることは恐らくないでしょう。

ただ、そこで改めて気付いたのは厚底シューズの恩恵です。

 

 

非厚底→厚底に変えてランニングを行うことにより厚底がいかに足への負担が軽減されるかと言うことを認識させられます。

しかしそんな厚底シューズですが、日本陸上競技連盟が決める規則において一定の厚さのものだと大会に出場すること自体が認められていないものもあるそうなので要注意です。

(仮に厚底シューズで出走した場合は失格となります)

せっかく記録が出る(出やすい)シューズなのにそれが禁止となると本末転倒な気もしますが、シューズに関係無く記録を出せる実力を身に付けることが一番かも知れません。

 

以上。
 
——————札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ——————
株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。
レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。
札幌駅前・大通東・大通西・大通の4店舗運営しています。
————————————————————————————————